とある女子大生の旅見聞録(仮)

Aセクかもしれない大学生の旅と留学の記録。instagram: sae_resa96

アセクシャルって何なんだろう

 

こんにちは〜。

 

今回は、こないだ書いた アセクシャル についてです。

 

「恋愛するのが当たり前」に心を殺される…性的関係のぞまない「アセクシュアル」という生き方(withnews) - Yahoo!ニュース

こないだ紹介したなかけんさんのインタビュー記事がYahoo!に載ってました。

 

インタビュー自体の内容は、なかけんさんがYouTubeTwitterで発信してきたものと同じなので特に何も思わなかったんですけど、コメント欄が面白かったです。そういうひともいるのか、理解はできないけど否定はしないとかそんな感じのコメントもあるけど、カテゴライズする必要があるのか、本能が欠落しているとか否定的(?)な意見もあるんですよ。

カテゴライズされてなくても、否定されたとしても、「アセクシャル」だと自認している人たち自身は変わることないし、これからも存在し続けるから何も変わらないんですけどね。私の場合はカテゴライズされて、同じような人がいるんだって思うことで気持ちが楽になったのでカテゴライズしたったいいじゃないかと思います。

いつだか「少数派の人もいていいと思います。」に対して、「あなたが認めなくても存在するんだよ」って答えたみたいなツイートを見たことがあります。それです。

 

LGBTQに限らずマイノリティー側が声を上げて、理解してくれ!!っていうと大抵批判が飛んできます。その気持ちはよくわかります。理解しろっていうけど、マジョリティーを理解せずに自分たちのことを認めて!知ってよ!って言うのはただのワガママだからそりゃそうです。

だからこないだのブログの最後に理解してくれると嬉しいって書いたことを後悔してます。恋愛至上主義の人からしたらこんな人がいるなんて信じられないことだし、私だって恋愛する人たちを理解してるかと言われるとそうでもない気がするから、まぁそういう人もいるんだなくらいに思ってくれると嬉しいです。

 

何を書きたかったのか既に自分でも分かんなくなってきたけど、ブログ書こうと思ったきっかけになったコメントが「決めつけるのが早いんじゃないか」っていうコメントです。それは私も思います。まだ22歳だから。(これで早いのかはよくわかんないけどね) じゃあどうしようかと思っていたところ、友達が出会い系使って現地の人(スウェーデン人)に会ってきたって話を聞いて、私もこっちの人と会って、英語話したり文化学んだりする機会つくるためにもやってみるかと思い登録しました。ワンチャン、彼氏とまでいかなくても、仲良くなれる男の人が見つかるかも(^ω^)って思ってました。しかし、実際やってみるとなんか嫌でした。

自分が男の人の写真とプロフィール見て選んでいくのがなんか嫌でした。カッコいいとかこの人趣味合いそうとかはあるんだけど、なんか気持ち悪い。この「なんか」がよくわからない。恋愛に対する嫌悪感なのか、そもそも出会い系に対してなのか分かんないけど、ゾワっとしてすぐやめちゃいました。シンプルに男の人が苦手なのかなとか思ったけど、たぶんそれは違うと思います。これを言葉で説明するのは難しい…😇 だからこそ外にこのモヤモヤを発散できずに溜め込んで潰れそうになっちゃうのかな〜

 

恋愛っていうこの難しそうなことを世の中の人たちがサラッとこなしてきていることが私は信じられてなくて、ドラマとか漫画の中の話だと思ってたんですけど、どうやらそんなこともなさそうです。みんなキラキラしてて素敵だな〜って眺めることしかできません。

 

昔からこのことに関しては劣等感を感じ続けているので何とかしたいと思いつつも、募るばかりです。そういう人もいて、そういう生き方もあるよねって肯定してくれる人がいるのも分かってるのに自分だけが気にしてしまいますね。解決策はどこにあるんでしょうか〜〜 もっともっと大切なことはたくさんあるのにこれに悩むの馬鹿馬鹿しいって思うし、何より悔しい。悩んだって何も変わらないんだから、もっと留学とか就活とか頑張りたいのに。

 

アセクシャルって何なんですかね。人と違うことなんて沢山あるのに、何でこれだけすごく引っかかっちゃうんだろう。